<   2006年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

音楽
ATAK 004/kim cascone,jason kahn,steinbruchel
アンデルセンズ/prepaired landscape
菊地成孔/南米のエリザベステイラー

映画
スパイク・リー/25時
フランソワ・オゾン/スイミングプール


佐々木敦/ テクノ/ロジカル/音楽論
[PR]
by saxtax | 2006-01-31 19:37

かえるさん

と言う人のブログが面白いです。本業は教育学者なのかな?著作はバカ売れしてるみたいです。と言う顔もありながら彼は音楽などの批評も完璧にプロ以上の腕前でフィラメントに関する文章は全て忘れたけど観点がものすごかった気がします。また読もう。普通の日記も事象から法則を読み取って再構築していく眼力はためになる。
http://d.hatena.ne.jp/kaerusan/
もしかしてこれをトラックバックという機能を使えば貼り付けずにすむんじゃないだろうか。

サックス未だに触らず。
[PR]
by saxtax | 2006-01-30 22:59

TV

今週も情熱大陸は面白かった。ベルリンフィルのヴィオラで首席を務める日本人女性はとてもキュートな人だった。来週はなんとというかついにと言うべきか、さいとうたかを先生だ。テレフォンショッキングなら次は秋元治先生だろう。

22:30頃にやってたフジの情報番組で下流くんと言われる層の人々がいることを知った。自分の年齢×10万以下の社会人で、その中でも現状に満足し、上昇志向がない人を指すそうだ。大学を卒業しなんかやり遂げようと上京して何もしないまま3年間バイトで、普通に就職して生きていく自信はあるから今はまだこれで良いとか、何か大きな事が起こるのをなんとなく待ってると言う人。バイトしながら漫画家を目指し、でも忙しくなるのはイヤなんでそこまでは売れたくはないんで今がベスト、彼女もいるしと言う人。をなんかドキドキしながら見てた。達観したような人もいたけど大体あれはあれできつそうな感じ。フリーターですけどまあまあ貰ってます。夢は別にないっすって人をTVで見るとドキドキする。なんかそういう節がないでもないもんで。「楽なこともそればっかだと苦しくなるんだよ。」とスピードワゴンの井戸田が言っていたのを思い出して、「うん、だよな。」と思いました。

あとナイトシャッフルでロバートが大三元を紹介してた。馬場ちゃんが髪を緑にしたのはあそこの店主がアドバイスしたからだといって、すぐウソだって言ってました。
[PR]
by saxtax | 2006-01-30 00:12

ツメは折る

ようにしてる。最近。たまーに昔録ったビデオを見るとき大体なにを見てもこれとっといてよかったなーと思うので。CMとか3分ニュースとかメイクとか時代の空気をものすごい感じて(2,3年前であっても)、なんというか感慨深い時があるし、単に好きな番組を見たいと思ってもP2P、DVD化が全盛であろう現在でもさすがにすべてのアーカイブ化は物理的に無理だと思うし。まーバラエティーが多いなー。DVD化してもどうしても抜けてしまうし。でも面白くなるまでの時間は長いけど絶対に面白いのはニュース(ワイドショー)だな。個人的な好みではとくダネ!。個人的なアーカイブ化にはHDDがあるじゃないかとおもうでしょうが、週5、2時間では追いつけません。まだアナログな物量には敵わないだろう。記録の仕方がすげーダイレクトだしね。目に見えるしね。でもP2Pがものすごーく発達して整備されれば歴史は繰り返すという意味で未来が分かるアカシックレコードが完成するんじゃないでしょうか。表現物でみんな金を稼げなくなったり。現在商品としてのCD、本とその内容(データ)とを分けるのはデザインしかないっすもんね。でもだったらなくならないっすね。フェティーッシュ!!!!
[PR]
by saxtax | 2006-01-28 21:30

いつも以上に何もせず。久々の悪夢で目が覚め(現実的な内容の)、本も読まず。TVばっか見てた。馬鹿になる。サックスも全然練習してへん。
[PR]
by saxtax | 2006-01-28 19:39

与世山澄子/interlude

伝説のジャズシンガーの何年振りか分からない新譜。部屋暗くしたりなんかする。菊地も2曲参加でそんなんで買ったけどそれよりパードン木村プロデュース、ZAKミックス、録音で、ヴィンテージのマイクに最新の卓で録ったという機材マニア注目、(つまりおれには良く分からない)という音がすごく良い。極楽。

音が良いってのは難しいっすね。考えると。考えるだけ無駄な事柄とみた。池田亮司の新作はどうなんだろうか。FADERのレビューじゃ全く分からない。
[PR]
by saxtax | 2006-01-27 21:25

えー

挫折しました。マルボロの100Sを吸いたいんです。2/3出荷みたいなんでそれを吸うまではと思って。関係ないけど堂本剛の変名が面白いです。エリ・エリ・レマ・サバクタニみたいな。

七尾旅人/雨に撃たえば
与世山澄子/interlude
[PR]
by saxtax | 2006-01-27 00:55

禁煙しようと思う。実は昨日開始して6時間で挫折しました。でもまたします。
[PR]
by saxtax | 2006-01-26 02:30

さっき書いたばっかだけど。小中学生の時なぜあんなに日記が憂鬱だったか思い出せません。
中学生の時あぁ雨が好きでたまらないって内容の日記を書いたら女の担任にあなたはロマンチストなのね。とコメントされました。今では当時の彼女の2コ下です。
今聴いてる音楽はギルエヴァンスオーケストラの邦題ギルエヴァンスの個性と発展です。3曲目ラスヴェガスタンゴのケニーバレルのギターソロがたまらないっす。サッとスタジオに立ち寄って一発で録ったんじゃねーかってことすら思う、なんか投げやり感溢れる、だからこそのクールさがにじみ出てるソロでございます。
さっきまでは阪急六甲リゾート楽団ってのをきいてますだ。マヘルよりもジャジーで、しかしラフさと歌を失はない演奏。おそらく「ラフさ」などは思考の一隅にも置いていないだろう。水道橋博士がよく引用する北野武の「結局身に付いた事しかできないんだから」という言葉を思いだす。フェイク、ヘタウマ、具体的には東洋の音楽を意識的に拒絶した上でアジアツアーで得たイマジネーションを元に「極東組曲」と題し、リリースしたデュークエリントンなど、音楽は映画より(音は映像より多分絵画より)リアルから乖離することからは優位に立ってると思うが、しかし、結局この言葉は有効だろう。結局ね。怖い。にゃー。
[PR]
by saxtax | 2006-01-21 22:12

最近

b0026127_2021757.jpg毎日聴いてるのにブログに書き忘れる。それがデトロイトテクノ。セオパリッシュとにょさんから借りっぱのムーディーマンしか持っていないのだが。普通はデリックメイやジェフミルズからいきそうなところだが、ぼくは第3世代と呼ばれる彼らから入ってそのままです。乱暴に括るとセオさんはクールでムーさんはホットでドロリ。断然前者が好きです。夜の空気が感じられる。ムーの描く夜は赤い照明でねーちゃんわんさかいそうで、まあそれも良いんだけど。

教授が言ってたけど漢字に音をつけると闇とか暗とか光が消える。門におと、日におと、日本人(というか何民族だ?漢字使うのは)にとって音とは何だったんだろうか。単純に不可視だからといっても門に音、gateにsoundがinしてdarknessっていうセンス。じゃ門てなんすかね。あちらから不可視の何者かが来る。言語の成り立ちって宗教ですよねやっぱ。まあ卵が先か鶏が先かって感じで相互規定的ではあると思うけど。。。漢字は仏教?日本だったら神道も入ってるのか?金田一先生ならズバリ答えてくれるだろうか。

Theo parrish/sound signeture sound
Moodyman/Forevernevermore
[PR]
by saxtax | 2006-01-21 20:04